青汁の効果を高めるコツ

青汁の健康促進効果を高めるコツ

青汁には健康的な体を作るために必要な栄養素がたっぷりと含まれています。
肥満(メタボリックシンドローム)や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の予防にも効果があるので、
健康が気になる人は青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。
もっと青汁の健康促進効果を高めたい場合、以下のことを意識してください。

■野菜を食べる
「青汁を飲んでいるから野菜は食べなくてはいい」このような考えをしている人はいませんか?
これは大きな間違いです。
青汁を飲んでいてもしっかりと野菜を食べてください。
青汁はあくまでも1日の食事からは十分に摂れない栄養素を補うための飲み物です。
食事でしっかりと野菜の栄養を摂取し、その上で青汁を飲むことが大切です。
このルールを守らないと青汁本来の効果を得ることはできません。

■体を動かす
生活習慣病を予防したい人は、青汁だけに頼らず、しっかりと体を動かしてください。
体を動かさないと太りやすい体質になり、肥満になりやすいです。
肥満になると高血圧や糖尿病のリスクが高まって、
動脈硬化や心筋梗塞といった恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。
最悪、命を落とす危険もあるので、適正体重を維持するために適度な運動を習慣化しましょう。
肥満予防に最適な運動は、脂肪を効率良く燃焼できる有酸素運動です。
青汁を飲みつつ、ウォーキングやジョギング、自転車なども行ってください。

■ストレスを溜めない
ストレスは生活習慣病を引き起こしたり、感染症のリスクを高めてしまう原因になります。
自覚していないだけで大きなストレスを抱えている場合もあるので、意識してストレス対策を行ってください。
効果的なストレス解消法は人によって違います。
たとえば、体を動かすのがストレス軽減に繋がる人もいますが、
逆にストレスを増えてしまう人もいるので、自分に合ったストレス解消法を見つけてください。
食生活もストレスと関係しており、偏った食事をしている場合は、すぐにでも見直しましょう。

■タバコ・お酒を控える
健康のことを考えるならタバコやお酒を控えてください。
青汁を飲んでいてもタバコを吸っていたり、お酒を過剰に飲んでいると健康促進効果が期待できません。
お酒は適量だと問題ないですが、タバコは1本でも2本でも身体に悪影響を与えるので禁煙をおすすめします。
少しずつ本数を減らしていくよりも一気にやめた方が成功しやすいといわれています。
なかなかタバコをやめることができない場合は、禁煙外来を利用しましょう。

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁