青汁の飲み方

過度に飲んではいけない

青汁には豊富な栄養素が含まれているため、健康維持に最適です。
しかし、過度に飲みすぎてしまうと人体に害が出ることがあるので注意が必要です。
まず、一般的に青汁には「ビタミンE」、「ビタミンC」、「カルシウム」が含まれています。
ビタミンEは美容効果が期待できる一方、過剰に摂取すると血液の凝固機能が正常に働かなくなります。
そして、ビタミンCは肌を綺麗にする働きを持っており、美容には必要不可欠な存在です。
ただし、過剰に摂取してしまうことで、尿路結石などの病気を引き起こす原因にもなりかねません。
また、カルシウムを過剰に摂取すると、ミネラルの吸収を妨げたり、尿路結石になってしまう可能性があります。
このように体に良いと言われている物でも、過剰に摂取することで、体に害を与える場合があるのです。
栄養を摂るのはとても良いことですが、摂りすぎは逆効果を生むということを覚えておきましょう。
しかし、実際大量に飲んだからといって、体に害が出るとは限りません。
通常の量よりも、少し多めに飲んだくらいでは、健康に影響は無いので安心してください。
あくまでも、過剰摂取した場合の話しなので、深刻になる必要はありません。
ただ、できる限り、決められた目安の量を飲む方が安全だと思われます。

青汁は「健康食品」です。


「健康食品」という言葉は、よく見聞きする単語ですが、
驚く事に法律上の定義はありません。
サプリメントや青汁のような栄養価がたかいものだけを指すのではなく、
広く健康を保つ食品、健康増進に役立つ食品として販売されているもの
全般を指しているのです。


あまりにあいまいな定義なので、ご存じない方からすると
不安に感じたり、逆に安易に考えたりするかもしれませんね。


最近はこの健康食品が国産品、輸入品を問わずにかなりの割合で
増え続けています。


背景には、健康志向の高まりにあると思います。

昔に比べて、ストレスも多く、忙しさからくる生活習慣の悪化など
から健康への不安を感じて、「何とかしないと」という気持ちになる方が
多いようです。

しかし、病院に行くほどではなかったり、時間がなくてなかなか
対策ができなかったりすることで、健康食品に頼る傾向もあるようです。


問題になってきているのはその簡便性にあるのではないでしょうか。
健康志向の高まりを逆手に取った悪質な健康食品による
健康被害も後を絶たないようです。


しかしながら、最近は、国内未承認薬の成分を含んだ健康食品などによる
被害よりも、過度の摂取による被害が心配されています。


「薬」とされるものであれば「素人がいい加減に飲んだら危ない」とか
「お医者さんに確認しないと」と慎重になる方が圧倒的多数でしょうが、
健康食品の場合、「食品なら」と安易に考えてしまい、
大量に摂取したり、アレルギーの症状がでたりして健康被害を起こす事例も
多くなってきたそうです。


アレルギーに関しては、成分表示をよく確認することである程度は
自衛できます。
健康食品は薬事法で効能などを説明するには厳しく決められていますので
「?に効きます」などの説明はできませんが、
(通常流通している商品であれば)原材料などの表記はきちんとされています。

アレルギーをお持ちの方はこれをきちんと確認してください。


また、大量摂取による問題も目安の分量が書かれているはずなので
それを目処に、常識の範囲で摂取するように心がけましょう。

何事もバランスが重要です。
体に良い成分が入っているからといって大量に摂取すると
バランスが悪くなったりします。


なんといっても重要なのは、通常食べている食事です。

極力バランスの良い食事をすることを心がけ、足りない部分を
健康食品で補うという事が基本です。


このような事を念頭に置いて、健康食品を上手に活用することで
健康維持に役立てたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁