青汁の飲み方

中高年と青汁

中高年の男性に青汁を勧める理由

中高年の男性に青汁が選ばれていますが、どうしてなのか知っていますか?
それは健康管理に欠かすことができない飲み物だからです。
40代や50代になると体力の衰えが気になるようになったり、病気にかかりやすくなります。
そんな問題を解決できるのが野菜の栄養が豊富に含まれている青汁です。

中高年男性が青汁を飲むことで、以下のような効果が期待できます。

【生活習慣病の予防・改善】
中高年の男性が一番気をつけたいのが高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満といった生活習慣病です。
これらの病気は単体でも恐ろしいですが、いくつもの病気が重複することによって、命を落とす危険があります。
年齢を重ねれば重ねるほど生活習慣病のリスクが高くなり、一度発症すると改善するのが難しいので、
その前に防ぎたいところです。

野菜にはコレステロール値を下げる、血糖値を下げる、ドロドロ血液を防ぐ、腸内環境を改善する
といった働きがあり、これらは全て生活習慣病の予防・改善に繋がります。
つまり、野菜の栄養をしっかりと摂っていれば、生活習慣病を防げるというわけです。

しかし、普段の食事から一日に必要な野菜量を摂取するのは至難の業です。
40代といえば働き盛りなので、仕事が忙しくコンビニ弁当やスーパーの弁当、ファーストフード、外食などで
簡単に済ませてしまう人が多いと思います。
さらに若い頃と比べると食も細くなっているので、そこまで多くの量を食べることができません。

そんな中高年の野菜不足を解消するのにもってこいなのが青汁です。
毎日コップ一杯飲むだけで、不足している野菜の栄養を補うことができます。
生活習慣病を防ぐためにも青汁を飲み始めてみてはいかがでしょうか?

【ガン予防】
中高年になると誰もが不安になるのがガンです。
いまだに死亡率が高い病気なので、ある程度の年齢に差しかかるとガン予防を考え始めるはずです。
知らない人もいるかもしれませんが、青汁にはガンを予防する働きがあります。

大麦若葉や明日葉を使用している青汁にはSOD酵素と呼ばれる物質が含まれています。
SOD酵素はガンと深い関係を持つ活性酸素を抑制する働きを持っており、
体内に取り入れるとガンになりづらい体を作ることができます。
また、ガンだけではなく、生活習慣病や動脈硬化の予防、アンチエイジングといった効果も期待できます。

【ストレス対策】
中高年は仕事や家庭でのストレスが多く、精神的な疲労を抱えながら生活をしています。
これでは生活習慣病や不眠症、うつ病といった病気を引き起こす可能性があります。
青汁にはビタミンやミネラルなどストレス対策に必要な栄養素が豊富に含まれています。


中高年の女性に青汁を勧める理由

青汁に対して中高年の男性向けの飲み物というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
中高年の女性にもおすすめの飲み物です。
その理由をこれから具体的に紹介していきます。

【更年期障害に効果がある】
40代頃から注意したいのが更年期障害です。
更年期障害とは女性ホルモンの分泌が減少することで発症する病気で、
頭痛や肩こり、めまい、発汗、不眠、だるさ、イライラなど症状は様々です。
症状の現れ方には個人差があり、軽い人もいれば、日常生活に支障をきたすほど強く現れる人もいます。
そんな中高年の女性の悩みの1つである更年期障害の症状を改善できるのが青汁です。

更年期障害にはビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB1・B2・B6・B12)や葉酸、
食物繊維、ミネラルなどが有効だといわれています。
これらの成分を全て含んでいるのが青汁です。
青汁には更年期障害の予防・改善に必要な成分が豊富に含まれているので、
症状を緩和したい人はぜひ飲んでみてください。

【ダイエットに使える】
年齢を重ねると代謝が下がるため、痩せづらく、太りやすい体質になってしまい、
40代を過ぎた頃から体型維持に苦労する女性も多いです。
そこで登場するのが青汁です。
青汁にはダイエットに欠かせない食物繊維や酵素といった栄養素が豊富に含まれています。

食物繊維には腸内環境を改善する働きがあります。
腸内環境が良くなれば、基礎代謝が上がりますし、便秘によるポッコリお腹も解消できます。
さらに酵素のパワーによって、痩せやすく、太りづらい体質を作ることができるので、
ダイエット効果を高められます。

【便秘に効く】
女性の悩みで最も多いのは便秘でしょう。
男性と女性とでは体の構造が違うため、女性は男性よりも便秘になりやすいです。
しかも、年齢を重ねるほど便秘になりやすくなります。

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消にとても有効です。
食物繊維が腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
飲み続ければ、今まで散々悩まされてきた頑固な便秘だって解消できるかもしれません。

【肌トラブルを改善できる】
青汁は「いつまでも綺麗な肌でいたい・・・」そんな中高年の願いを叶えてくれる飲み物です。
若々しい肌を維持するためにはビタミンやミネラルといった栄養が必要になります。
青汁には美肌効果が期待できるそういった栄養素がたっぷりと含まれています。
食事からビタミンやミネラルなどを十分に摂取できない場合、青汁に頼ってみるのもいいでしょう。


中高年が青汁を選ぶ時のポイント

中高年の場合、多少のクセや臭みなら我慢できると思うので、
飲みやすさよりも栄養を重視して青汁を選ばれた方がいいでしょう。
青汁ならどれでも栄養満点と思っている人も多いですが、それは大きな間違いです。
商品によって使用されている原料が異なるため、含まれている栄養にも違いがあります。
中には製造コストを下げるために薄めて作られているものもあり、
そんなものを飲んでも青汁本来の効果を得ることはできません。
どうせ飲むならたっぷりと野菜の栄養を摂取できる青汁がいいですよね。

おすすめの青汁は大麦若葉や明日葉といった原料が使用されている青汁です。
この2つの原料にはSOD酵素と呼ばれる物質が含まれており、ガンや生活習慣病の予防に効果を発揮します。
また、アンチエイジングも期待できるので、いつまでも若くいたいと考えている女性にもおすすめの原料です。

青汁の原料といえばケールが有名ですが、ケールだけの青汁だとクセが強く、飲みづらいです。
大麦若葉や明日葉はクセが少なく、ほのかな甘みもあるので、青汁の味が苦手な人は、
この2つを主原料としている青汁を選びましょう。

そして、何を目的に青汁を飲むのかによっても中高年に適した青汁は変わってきます。
便秘を治したいのであれば、食物繊維や乳酸菌が豊富に含まれたものがいいですし、
美容効果を重視したいならコラーゲンなどの美容成分がプラスされたものがおすすめです。
まずは何のために青汁を飲むのかハッキリさせて、それに合った商品を探してみましょう。

健康維持のために青汁を使う場合、毎日飲むことになるので、
気にしないといけないのがコストパフォーマンスです。
コストパフォーマンスの悪い青汁だと経済的負担が大きくなり、飲み続けるのが難しくなります。
かといって激安の青汁を選ぶと品質が下がってしまい、本来の効果を実感できませんし、
その手の商品は添加物が多く含まれているので健康にもよくないです。

国産の原料を使用している、添加物が少ないまたは入っていない、価格がリーズナブル、
こういった青汁を探してください。
「そんな青汁なんてあるの?」と思うかもしれませんが探せばあります。
みなさんが思っている以上に青汁の種類は多いので、きちんと探せば安くて効果のある商品が見つかるはずです。

いきなり定期購入だと抵抗があると思うので、単品購入もしくはお試しサンプルから始めるのもいいでしょう。
これなら仮に自分に合わなくてもリスクが少ないです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁