青汁で期待するとしたら

便秘を治したいなら青汁がおすすめ!

「お腹が張って苦しい」「ポッコリお腹をどうにかしたい」などと便秘に悩まされている方は多いと思います。
特に女性の方は男性よりも体の構造上便秘になりやすいといわれており、
酷い場合だと1週間ほど便が出ない方も珍しくありません。



そんなみなさんの悩みの1つである便秘に効果的だとされているのが青汁です。
青汁を飲み始めてからお通じが改善したという方が多いので、試してみるのもいいでしょう。
ただ、どうせ試すならなぜ青汁が便秘に効くのかきちんと理解した上で飲みたいですよね?
そこで、青汁が便秘に効く理由について詳しく説明していきます。


■そもそも便秘ってどういった状態のことを言うの?
便秘かどうかは人によって判断の仕方が異なりますが、一般的に3日以上排便がない場合を便秘といいます。
ただ、これはもともと排便の頻度が少ない方もいるので、いつもよりもスッキリ出ない状態や、
便が硬くて出にくい状態を便秘だと考えた方がいいでしょう。
便秘の原因は色々ありますが、最も深く関係しているのが食生活の乱れです。
野菜を食べず、肉ばかり食べていたり、栄養バランスの悪い食生活を続けていると便秘になってしまいます。
そのため、便秘に悩まされている方は、まず食生活から見直してください。


■青汁には食物繊維が豊富に含まれている
お通じを良くなるのに必要となる栄養素が食物繊維です。
食物繊維には便を柔らかくしたり、大腸の蠕動運動を促す働きがあります。
そのため、便秘を治すには食物繊維をたくさん摂った方がいいといわれているのです。
青汁に使用されるケールや大麦若葉、明日葉といった素材には食物繊維が豊富に含まれています。


■青汁を飲むと腸内環境を改善できる
乱れた食生活を続けていると腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増殖し、善玉菌が減少します。
すると排便がスムーズができなくなり、便秘を引き起こしてしまいます。
青汁に含まれる野菜の栄養には腸内環境を整える効果があります。
中でもオリゴ糖がプラスされている青汁は、その効果が強いので、便秘解消に最適です。


■就寝前に飲むと効果的
青汁はいつ飲んでも問題ありませんが、少しでも早く便秘を治したいのであれば
就寝前に飲むのがいいでしょう。
就寝前に飲むと腸の活動が活発になり、朝起きた時には排便しやすい状態になっています。
ただし、人によっては睡眠の質が下がってしまうこともあるので、就寝前に飲むと寝つきが悪くなる場合は、
飲む時間をずらしてください。


■青汁で便秘が悪化する可能性も・・・
便秘には食物繊維が豊富な青汁が効果的ですが、ごく稀に青汁が原因で便秘が悪化する場合もあります。
この理由として考えられるのが不溶性食物繊維の過剰摂取です。
食物繊維は緑黄色野菜や果物に多く含まれる「不溶性食物繊維」と
穀物に多く含まれる「水溶性食物繊維」の2種類があり、それぞれ役割が違います。
不溶性食物繊維は便のかさを増やし、腸を刺激することで蠕動運動を促します。
一方、水溶性食物繊維には、腸内の水分を使って便を柔らかくする働きがあります。
このバランスが良ければ便秘を効果的に改善できますが、不溶性食物繊維を過剰に摂取すると便が硬くなり、
便秘が悪化してしまうのです。
基本的に青汁は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスを考えて作られていますが、
中には不溶性食物繊維の方が大量に含まれているものもあります。
便秘解消のために青汁を飲む場合は、食物繊維の種類にもこだわった方がいいでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁