青汁とグリーンスムージーの違い

青汁とグリーンスムージーはなにが違うの?

青汁とグリーンスムージーは一緒の飲み物だと思っている人はいませんか?
どちらも健康にいい緑色の飲み物ですが、この2つは全く別物です。
両者の違いを正しく理解して、自分に合ったものを選んでください。

■原料の違い
青汁とグリーンスムージーの大きな違いは原料です。
青汁に使用されている主な原料はケールや大麦若葉、明日葉といった野菜ですが、
グリーンスムージーの場合は青色の野菜(ほうれん草や小松菜など)とフルーツです。
簡単にいうと青汁は野菜のみ、グリーンスムージーは野菜と果物でできています。

■発祥地の違い
青汁とグリーンスムージーは発祥地が違います。
青汁は日本発祥ですが、グリーンスムージーはアメリカです。
海外セレブが好んで飲んでいるのはグリーンスムージーです。

■成分の違い
どちらもビタミンやミネラル、食物繊維を含んでいますが、糖質の量に違いがあります。
グリーンスムージーにはフルーツが使用されているため、糖質が青汁よりも多いです。
そのため、グリーンスムージーを過剰に摂取するとダイエットの妨げになるかもしれません。

■飲み方・作り方の違い
グリーンスムージーを作るのは意外と手間がかかります。
野菜や果物を細かく切って、ミキサーにかけないといけません。
忙しい人だとこの手間が面倒に感じるでしょう。
一方、青汁は手軽に飲むことができます。
冷凍タイプだと解凍するだけでいいですし、粉末タイプだと水や牛乳などで溶かすだけで飲めます。
サプリタイプなら水で流し込むだけなので、どんなに面倒臭がりの人でも続けることができるはずです。
ただ、最近では粉末タイプのグリーンスムージーも販売されています。

■味の違い
青汁とグリーンスムージーでは味が違います。
青汁は野菜が主原料となっているので、商品によっては青臭さや苦味を感じることもあるでしょう。
特にケールの青汁はクセが強く、飲みづらいことで有名です。
グリーンスムージーは野菜の他に果物も入っているので甘みがあります。
さらに自分の好きな野菜や果物を使えるため、野菜嫌いな人でも美味しく飲むことができます。

青汁とグリーンスムージーにはこのような違いがあります。
手軽さを求めている人やダイエット目的で飲むなら糖質が少ない青汁の方がおすすめで、
味にこだわるならグリーンスムージーがいいでしょう。
後悔しないためにも何を重視して飲むのかしっかりと考えてから
青汁とグリーンスムージーどちらがいいのか判断してください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁