青汁とグリーンスムージーの違い

コストパフォーマンスが優れているのは?

青汁もグリーンスムージーも即効性のある飲み物ではないため、根気強く飲み続ける必要があります。
そこで注目したいのがコストパフォーマンスです。
コストパフォーマンスが悪いと経済的負担が大きくなるので続けることができません。
では、青汁とグリーンスムージーを比較した場合、どちらがコストパフォーマンスが優れているのでしょうか?

まず、青汁のコストパフォーマンスは1杯100円から130円程度で、
1ヶ月分だと3000円から4000円くらいのものが多いです。
これよりも安く飲めるたくさん青汁もありますが、
効果や安全性を考えるなら最低でもこのくらいの青汁を買うことになります。

グリーンスムージーのコストパフォーマンスは粉末タイプを使うか、自分で作るのかで大きく違います。
粉末タイプの場合は1杯80円から200円、1ヶ月飲み続けると2400円から6000円程度かかります。
青汁と違って商品によって大きく価格が異なるのがグリーンスムージーの特徴です。
高品質のものを飲もうとすると青汁と同じくらい、またはそれ以上の価格の商品を買うことになるでしょう。
自分で作る場合はもっとお金がかかります。
色々な野菜や果物を入れることになるので、1杯200円から300円くらいかかるでしょう。
1ヶ月で計算すると6000円から9000円程度かかることになります。

こうしてコストパフォーマンスを比較すると青汁の方が上です。
特にグリーンスムージーを毎回自分で作るとなると出費が大きくなり、
コストパフォーマンス的にはお世辞にもいいとはいえません。
お金のことを考えるなら青汁を選んだ方がいいですし、
どうしてもグリーンスムージーを飲みたいなら粉末タイプのものを購入された方がいいでしょう。
さらにグリーンスムージーを自分で作る場合、ミキサーも購入しないといけません。
安いものだと2000円から3000円で買えますが、性能にこだわると7万円以上します。

ただ、青汁を選ぶにしろ、グリーンスムージーを選ぶにしろ、
コストパフォーマンスだけにこだわるのはやめてください。
コストパフォーマンスよりも配合成分や効果を重視してください。
効果の弱い商品だと1日に何杯も飲まないといけないため、1ヶ月の消費量が大きくなります。
これでは逆にお金がかかってしまうので、一番重視すべきなのは効果です。
配合成分をチェックしたり、口コミを参考にして、効果がありそうな青汁・グリーンスムージーを選んでください。

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁